亀松NET
HOMEカメ観賞スポット狛亀・亀像スポット亀松BLOG

狛亀・亀像スポット

大悲願寺だいひがんじ

所在地東京都あきる野市横沢134
アクセス武蔵五日市駅(JR五日市線)から徒歩20分
バス停 横沢から徒歩5分
入場料等無料
公式サイトあきる野市 あきる野市の文化財
http://archives.library.akiruno.tokyo.jp/gallery/...

春に訪問したので、楼門の前で咲いている桜が見事でした。
写真右は本堂です。
大悲願寺の楼門大悲願寺の本堂


境内にある観音堂(無畏閣)の彫刻には、鮮やかな彩色が施されています。

大悲願寺の観音堂


正面上部の彫刻です。
龍に乗る弁財天(?)の両脇に亀がいます。

大悲願寺の亀彫刻


耳があり、眉毛の太い亀です。

大悲願寺の亀彫刻大悲願寺の亀彫刻


正面横にも亀彫刻があり、4種類の親子亀が刻まれています。
正面左の外側と内側(表と裏)の亀彫刻です。

大悲願寺の亀彫刻大悲願寺の亀彫刻


正面右の外側と内側(表と裏)の亀彫刻です。

大悲願寺の亀彫刻大悲願寺の亀彫刻


観音堂の右側面上部には、蓑亀にのった黄安仙人(亀仙人)の彫刻があります。

仙人にしては若い顔つきですが、持っているものが釣竿ではないことと、鶴に乗った仙人の王子喬の彫刻もあることから、浦島太郎ではないと思われます。

黄安は15,000歳超というとんでもない年齢なので、常識的な風貌と異なっていてもおかしくないのかもしれません。

大悲願寺の亀彫刻大悲願寺の亀彫刻

大悲願寺の彫刻


HOMEカメ観賞スポット狛亀・亀像スポット亀松BLOG

離してくれ!

Copyright© 2010-2014, Kamematsu. All rights reserved.