亀松NET
HOMEカメ観賞スポット狛亀・亀像スポット亀松BLOG

カメ観賞スポット

ハブ博物公園【本編】

ハブ博物公園【番外編】へ

カメ密度★★★☆☆(★5個が最高)
所在地沖縄県南城市玉城字前川1336
アクセスバス停 玉泉洞前のすぐそば
入場料等有料
公式サイトハブ博物公園
http://habu-park.com/

おきなわワールド 文化王国・玉泉洞
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

おきなわワールドに入ってすぐの場所にある施設です。
施設名のとおりハブが主役ですが、カメも飼育展示されています。
ハブ博物公園


天然記念物のリュウキュウヤマガメが、ミナミイシガメと交雑して生まれた個体がいました。
顔や首の模様はリュウキュウヤマガメのようですが、甲羅が丸くてミナミイシガメのようです。
腹甲もリュウキュウヤマガメは黒一色であるのに、この個体は黄色と黒が混ざっています。
(お忙しい中、無理を言って写真を撮影させていただき、ありがとうございました。)

ハブ博物公園のリュウキュウヤマガメとミナミイシガメの交雑個体 ハブ博物公園のリュウキュウヤマガメとミナミイシガメの交雑個体

ハブ博物公園のリュウキュウヤマガメとミナミイシガメの交雑個体 ハブ博物公園のリュウキュウヤマガメとミナミイシガメの交雑個体


ヤエヤマイシガメ(ミナミイシガメの亜種)が、網から首を出して甲羅干しをしていました。

ハブ博物公園のヤエヤマイシガメ


セマルハコガメも甲羅干しをしていました。
正面から見ると、名前のとおり背が丸くなっています。

ハブ博物公園のセマルハコガメ


アルダブラゾウガメは人懐っこく、写真を撮っているとこちらに寄ってきました。

ハブ博物公園アルダブラゾウガメ


小さなミドリガメが、巨大ミドリガメの上で甲羅干しをしていました。

ハブ博物公園のミドリガメ


巨大ミドリガメも仲良く甲羅干しをしていました。

ハブ博物公園の巨大ミドリガメ



ハブ博物公園【番外編】へ

HOMEカメ観賞スポット狛亀・亀像スポット亀松BLOG

離してくれ!

Copyright© 2010-2014, Kamematsu. All rights reserved.