亀松NET
HOMEカメ観賞スポット狛亀・亀像スポット亀松BLOG

狛亀・亀像スポット

亀乗り地蔵かめのりじぞう

所在地山口県防府市浜方223付近
アクセス防府駅(JR山陽本線)から徒歩60分
バス停 スポーツセンター前から徒歩5分
入場料等無料
公式サイトなし

県道58号沿いの狭い敷地に祀られています。
亀乗り地蔵亀乗り地蔵


小祠の左側にある「猿田彦大神」と刻まれた石が馬神さまです。
独特な読点の使い方をしている案内板によれば、わらで作った馬を供えたことから馬神さまと呼ぶようになったそうです。

小祠の中には2体の地蔵があり、右側が亀乗り地蔵です。

亀乗り地蔵亀乗り地蔵


たしかに首を伸ばした亀にお地蔵さまが乗っているように見えますが、よく見ると亀ではないようです。

地域で大切にされているようで、新しい花が供えられていました。

亀乗り地蔵 亀乗り地蔵

お地蔵さまと、馬神さまの由来について

※お地蔵さま

このお地蔵さまは、亀の背に乗って、おられるように見えることから通称、亀乗り地蔵と呼ばれ、全国的にも珍しいお地蔵さまです。
鶴は千年、亀は万年とか申しますが、鶴中浜の地名である、鶴と亀とで、長寿をも、もたらす縁起の良い、お地蔵さまです。


※馬神さま(猿田彦大神、後世道祖神)

村里の入口で、外から襲う、悪霊を防ぐ境の神、道の神、後に、交通安全、縁結び、子授け、安産、難病の神として、広く信仰され、また、藁等で、馬の形を作り、お供えしたことから、馬神さまと呼ぶようになりました。

お地蔵さまと、馬神さまを守る会


HOMEカメ観賞スポット狛亀・亀像スポット亀松BLOG

離してくれ!

Copyright© 2010-2014, Kamematsu. All rights reserved.