亀松NET
HOMEカメ観賞スポット狛亀・亀像スポット亀松BLOG

狛亀・亀像スポット

志賀海神社しかうみじんじゃ

所在地福岡県福岡市東区志賀島877
アクセス志賀島発着所(福岡市営渡船)から徒歩10分
西戸崎駅(JR香椎線〔海の中道線〕)から徒歩65分
入場料等無料
公式サイト福岡市
まるごと福岡・博多
http://www.city.fukuoka.lg.jp/showcase/...

志賀島の旅客船発着所のすぐぞばから参道が伸びています。

「しかかいじんじゃ」との読み方もあるようですが、境内入口の案内板では「しかうみじんじゃ」となっています。

志賀海神社入口志賀海神社楼門


檜皮葺の本殿が見事です。

志賀海神社拝殿志賀海神社本殿


遥拝所に亀石が2つ祀られています。

志賀海神社遥拝所の亀石志賀海神社の亀石


向かって左の亀石は、上から見ると甲羅から頭を出しているように見えます(写真左)。
正面から見るとブタ鼻のスッポンモドキのようです(写真右)。

志賀海神社の亀石志賀海神社の亀石


向かって右の亀石は、正面から見ると甲羅から頭と右前足を出しているように見えます(写真左)。
後ろから見ると丸い形が甲羅そのものです(写真右)。

志賀海神社の亀石志賀海神社の亀石


ちなみに、案内板には以下の記載があり、「黄金雌雄の亀」が石になったと伝えられているようです。

亀石 遥拝所

その昔神功皇后が三韓へ出兵される際、正面対岸の
打昇浜にある亀ヶ池 亀住池の辺りにて無事凱旋できるよう
阿曇磯良丸を通じ祈願され、七日七夜の神楽を奏されました
すると黄金雌雄の亀に乗った志賀明神と勝馬明神が出現され
皇后へ干珠満珠の玉を授け、船の舵と航路を守り導いたと伝えられ
黄金雌雄の亀は亀ヶ池 亀住池に放たれましたが、後に石となって
現在の金印公園近くに現れ、寛文十年(一六七一)四月十一日に
社前に納められました

遥拝所は右斜め対岸の大嶽神社・小嶽神社と
正面真東の伊勢の神宮、宮中三殿等を拝します


社殿前の鹿角堂(写真左)には、建物いっぱいに鹿の角が奉納されています。
志賀海神社の鹿角堂志賀海神社に奉納された鹿角


志賀島は、砂州により本土と陸続きになった陸繋島ですので、写真左の矢印のところにある細い砂州上に道路が設置されています。
写真右は、砂州を船から撮影したものです。

志賀島と本土を繋ぐ砂州志賀島と本土を繋ぐ砂州


HOMEカメ観賞スポット狛亀・亀像スポット亀松BLOG

離してくれ!

Copyright© 2010-2014, Kamematsu. All rights reserved.